フェイスラインをシャープにしたいなら|顎のたるみを治療しよう

ドクター
  1. ホーム
  2. フェイスラインがスッキリ

フェイスラインがスッキリ

カウンセリング

施術を受ける時の注意

美容外科でたるみ顎の治療を受ける時には、まず無料カウンセリングで医師にたるみ顎の状態を確認してもらうのが一番です。二重あごに見えるという場合、実は姿勢の悪さが原因でそう見えている場合や、首や肩が凝っていてむくみが出ている場合などもあります。日常生活の中で姿勢を正す努力する、ストレッチなどで血行を良くすることでリンパの流れを改善するといったことで、実は解消出来てしまうこともあります。それなら、医師から適切な指導を受けて、まずは自分で努力してみるという選択肢も生まれますよね。美容外科は、美容に関して適切なアドバイスを受けられる場でもあります。まずは勝手に自己判断するより医師に相談したほうが良いのはもちろんですが、相談=即手術というわけではありません。そこは勘違いしないように、もっと有効に美容外科を使えるようになりたいですね。自分の努力では改善が難しいたるみ顎は、顎下に脂肪がついてダイエットなどでも取るのが難しい場合などが該当します。顎下を指でつまんだ時に、厚みが1円玉弱くらいある場合には、美容外科でケアしたほうが良いかもしれません。他には、顎の骨格が小さく皮膚がたるんでしまっている場合、外傷などで皮膚が余ってしまった場合などは、治療を必要とするケースも多いでしょう。どういった治療が一番適切かは医師の判断によりますが、切る治療や切らない治療など、いろいろな提案の中から、自分の希望と合わせて選択するのが一番です。メスを使わず脂肪を減らす施術としては、RFや超音波によるアプローチで皮膚を引き締める方法などもあります。ただし、メスを使わない場合は一度で得られる効果は少ないので、何回か施術を受ける必要があるのが一般的ですのでそこは覚えておきましょう。即効性はありませんが、切開手術は怖いし注射も嫌、ダウンタイムがあるのは困るという人にとっては理想的。何を自分の中で一番優先させるかをしっかり決めておくと、希望に近い施術を受けやすくなります。他には、切開手術は避けたいけれど、注射なら我慢出来るという場合、脂肪溶解注射なども選択肢もあります。一言で脂肪溶解注射と言っても薬剤によって内容が変わり、腫れが出てもたるみを取る効果が高いほうが良いという人もいれば、腫れが目立つと困るという人もいます。この治療はこういう効果があるけれどこういうリスクがある、満足が行く状態になるまでには何回かかるというように、細かい条件をすべて確認して、納得が行く選択をしなければいけません。なるべくたくさんの選択肢を用意してくれる美容外科は良いクリニックと言えますが、最終的に選択するのは自分自身ですから、そこできちんと決断することが何より大切ですね。その場で決められないなら、持ち帰って自宅でじっくり検討するのが一番です。有り得ないことですが、万が一、施術を強要するようなところがあれば、そこでは施術は受けなければ良いことです。一般的な美容外科なら、きちんと医師が説明を行って、費用見積りを出してゆっくり検討するよう言ってくれますので、安心して相談すると良いでしょう。